ジャンパー

進化するジャンパー

ジャンパーと言えば昔は作業員の防寒着のような感覚でした。それをお洒落なアイテムにまで一気に押し上げたのはスカジャンだったと思います。第2次世界大戦後の日本に駐留した連合国軍の中で横須賀基地に駐留したのがアメリカ軍でした。アメリカ兵たちは使わなくなったパラシュートの布地を持ち込みジャンパーに仕立て、背中に日本に来た記念にと和のアイテム、虎や龍などを金糸や銀糸をふんだんに使って派手な刺繍を入れました。
また、自分の所属した部隊や基地のエンブレムを刺繍したものを着用していました。それを支えたのは日本女性の刺繍技術と細かい手仕事でした。そのため、スカジャンは発祥の地である横須賀の名前からヨコスカジャンパーからスカジャンと呼ばれるようになりました。そのジャンパーが徐々に広まり日本中の若者の憧れというほどブームになり、スカジャンを買いに横浜や横須賀へ行くことが一種のステータスでした。スカジャンはアメリカ兵からプレゼントされた若い女性が着るようになったことから、男性だけでなく女性がスカートに合わせても着られるお洒落アイテムとして定着しました。
また、多くがリバーシブルになっているため、1着購入すると何通りもの着方ができることが魅力の一つでした。そして今また、スカジャンがブームになり盛り上がっています。刺繍もどんどん凝ったものができるようになり、若者は新しい魅力をスカジャンに見出しているのです。

ジャンパーについて

ジャンパーというとウエスト丈の短いジャケットの総称です。ジャンパーには、遊び着・運動着・作業着・仕事着・ゆったりした上着、防寒・防水にも着用するというさまざまな種類やイメージがあり、前をファスナーやボタンでとめるような上着です。また、ファッションでいうとジャケット・上着に部類されるアウターです。
ジャンパーやブルゾンは、呼び方は違いますが同じアウターのことを言います。違いを言うと、ブルゾンはよりファッション性を求めた少し高級なものであり、ジャンパーは機能性を求めた気兼ねなく着られるものであるところでしょう。また英語圏ではブルゾンのことをジャンパーと呼び、フランス圏ではジャンパーのことをブルゾンと呼びます。最近では、ジャンパーと呼ぶのは少し時代を感じさせるようで、今はジャンパーというより「ブルゾン」「ジャケット」でしょう。
ジャンパーは動きやすいので、活発な小さな子どもから大人までオススメのアイテムです。ジャンパーは、厚めの素材が多いので主に冬に大活躍するアイテムであり、素材によっては春や秋などの肌寒い時期にも活躍します。たくさんのサイズやデザインがあり男女共にいろんなカジュアルなコーディネートができます。

最近はいろいろな場面で見るジャンパー

最近、いろいろなお店や会場などで、見ることが多くなったようですね。スタッフと書かれたお揃いのジャンパーです。最近の材質などで違うかもしれませんが、簡単に、印刷が出来てしまいます。それで、多くのシーンで利用されることが多くなったのでしょう。そしてカラフルですよね、色々な色があり、とてもよく目立ちます。目立つからスタッフのジャンパーには最適なのでしょう。
安価なのも利用される理由なのでしょう。ジャンパーは季節を問わずに着ることが出来ます。秋には、ウインドーブレーカーとしての、着用が、ほとんどなのでしょうか。最近は、ランニングなどでも、着用している方も多いようです。ちょっとしたお出かけでも着用することが出来ます。
スポーツシーンでも着用していますが、それは、機能的にかなり専門的なものになってしまい、価格も、高価になりますが、スポーツチームごとに、同じものを着用しているところを見る機会も多いようです。手軽に着られるものから、機能別に特化したものまでいろいろな種類のジャンパーは、今では一人いちまいは持っているようなものです。普段着の上に、一寸着て、ファスナーを占めると、立派なよそ行きになる、大変便利な、汚れを気にしなくても済むものです。


最近のジャンパーをとても高機能ですね。どんなときにもさらっと着れるのはもちろん、機能性も優れているとなれば一着といわず、何着かもっておきたいところです。通販サイトなどから購入できるので、この機会に購入しておいてはいかがでしょうか。

Topics

Article List

TOP