ジャンパー

ジャンパーの歴史と着こなし方

ハリントンジャケットという上着が現在でいうジャンパーの原型。ふつう、ボタンかファスナーを用いた前開きで、袖口にはボタンやゴムが付いている。薄くて軽いコットン、麻、などが材料として好まれている。現代では安価なものには化学繊維が使われていることが多い。もともと、ジャンパーは仕事着であった。しかし、現在はスポーツウェアや普段着などに用いられる。
ジャンパーを選ぶときは黒や紺、カーキなどがおススメです。引き締め効果もあり、着膨れしたように見えません。黒のスキニーパンツと合わせるとクールな印象になりますが、靴をスニーカーにするとカジュアル、ヒールだと上品なイメージに。反対に、スカートを合わせても今っぽくてかわいいです。白のチュールスカートやフレアスカートを合わせると甘辛ミックスでおしゃれ上級者に見えます。原宿系のファッションです。
抵抗のある人は黒のジャンパーにカーキのタイトスカートと黒のスニーカーを合わせると落ち着いている印象に。上着と靴の色を合わせることでコーデに締まりがつきますし、タイトスカートは女性的なので男っぽくもなりません。最近ではメガネやニット帽子などを合わせるのも人気です。このときも、帽子と靴、帽子と上着の色を合わせるのがおススメです。

Topics

Article List

TOP