ジャンパー

「ジャンパー」は「ジャケット」になった

「ジャンパー」という言葉は、もしかしたら今の若い子供たちには通じない言葉なのかもしれない。今では「ジャケット」というらしい。言葉というものはその時代、時代によって変わってくるので、意味が分からなかったりする。ある年代では、「ジャンパー」の事を、「ブルゾン」とある年代では使って言ったりするので、意味が分からなかったりします。でも、服屋の店員が使っている「ジャンパー」の事を「ジャケット」というのが、一番、流行の先端だとは思いますが、私の母ぐらいの年代までは、「ジャンパー」でも通じるみたいです。
またその「ジャンパー」(ジャケット)の値段にビックリした。30万円近くするものが紹介せれていた。私は服にはそこまでこだわりを持って高い服などを買う方ではないので、値段を聞いてビックリした。また、インターネットでもそのくらいの「ジャンパー」(ジャケット)がたくさん出ているので、「買う人いるのかなぁ。」と思うぐらい不思議でいる。たまたま自分の友達の知り合いに服にこだわりを持っていて高い服でも買う人がいた。その人がもっていた「ジャンパー」(ジャケット)の色合いなどを初めて見て、「この「ジャンパー」(ジャケット)なら金額が高くても買うかなぁ。」という思いに初めてなった。「ジャンパー」は「ジャケット」という言葉に変わり値段までピンからキリまであることに驚いている。

Topics

Article List

TOP